TOPへ
開会式 2002年1月26日

 1月26日 10時00 会場内


開会式
1月26日(土)午前9時、国立オリンピック記念青少年総合センターカルチャー棟4階において、第2回全国中学生創造ものづくり教育フェアの開会式が行われた。


来賓として、渡邊康夫文部科学省教科調査官 、川島孝徳厚生労働省技能振興課主任技能検定官、間田泰弘日本産業技術教育学会会長、北島義治全日中顧問、大宮光徳全日中顧問、右田耕二全日本きものコンサルタント協会徳育講師養成部長、山下晃功島根大学教育学部教授、隈部智雄千葉大学教授、倉持眞由美東京都教育委員会指導主事、阿久津勝利東京都大田区教育委員会指導主事、山名康裕日刊工業新聞編集長、松尾正弘埼玉大学教授の各氏が出席された。

 開会の言葉の後、鹿嶋泰好全日本技術・家庭科研究会会長、渡邊康夫教科調査官、川島孝徳厚生主任技能検定官が挨拶に立った。要旨は次のとおり。
鹿嶋会長
 「ものづくり、人づくり、国づくり」といわれるように、わが国においてものづくり教育の重要性が、いよいよ高まってきている。こうした中、各方面の協力により、前回の規模を大きく上回る規模で第2回のフェアを開くことができたことに感謝申し上げる。また、次回以降、家庭分野の内容の充実を期待する。
渡邊教科調査官
 本フェアは技術教育の進展に寄与するものが大きい。また、一般の方に本教科に対する理解を深めていただく機会として、広めていただきたい。また今回より、全国の生徒が技術を競い合う場(ものづくり競技会)ができた。多くの中学生に参加してもらいたい。第2回を迎え、フェアおよび本教科の今後の展望が見えてきたと考える。
川島孝徳厚生主任技能検定官
 産業の空洞化、高齢化、若年者のものづくり離れが、わが国におけるものづくりにおける課題である。そうした中、ものづくり教育の活性化を促す本フェアが行われることは意義深い。ものづくり教育の今後の発展に期待する。 


 1月26日 10時20 開会セレモニー会場

開会式の様子

 1月26日 9時50 会場内

会場の様子
 
フォーラム
 
フェア情報


Powered by Google






このサイトについて | プライバシーポリシー | 広告掲載について | お問い合わせ
All Rights Reserved 全日本中学校技術・家庭科研究会.