TOPへ
フェアの報告

「体験セミナー: 様子」 (01月22日)


パソコン入力コンクール 毎日パソコン
22日(土)12:00-15:30 / 23日(日)10:00-12:00
・5分間で決められた課題を正確に入力する
・結果で認定書がもらえます。




 5分間で、正しく入力できた文字数と、まちがえて入力した文字数を判定してもらえます。パソコンに慣れている普通の人で、200文字程度だそうです。
 昨日から今までのランキングでは、ランキング二位が450文字の成人男性、堂々の一位は中学三年生の女子で、記録は1000文字!驚きの早さです。全国大会で優勝した生徒さんだそうです。



印鑑製作(森 誠 先生)  東京都職業力開発協会
22日(土)12:00-15:30 / 23日(日)10:00-12:00
・青田石でハンコ彫りに挑戦してみよう



「印章」はハンコともいいますが「印鑑」とは言いません。印鑑は「いん・かがみ」が詰まって「いんかん」と呼ぶようになったもので、彫ってあるものを紙などに押した「印影」で「かたち」です。ハンコやさんが「印鑑できます」とか、お客さんが「印鑑ください」と言うのは間違った言葉使いですから知っておいて下さい。



布を使ったものづくり(磯崎・高橋先生) 日本家政学会被服構成学部会
22日(土)12:00-15:30 / 23日(日)10:00-12:00
・ヨウヨウキルト製作
・ニ−ドルパンチ製作



何ができるの?
「携帯電話ケース」をつくります。表側は繊維が絡んでモチーフがくっつきます。裏側は、アップリケパンチャーで突くと繊維が押し込まれてモチーフの形が浮き上がります。
パンチャーは、垂直に突かないと、針が曲がってしまいます。指を刺さないように気をつけましょう。



伝統のニット  (横山まゆみ先生)  ハンドクラフトセンタ−
22日(土)12:00-15:30 / 23日(日)10:00-12:00
・@はじめての棒針編み
・A干支作り
・B指編み



ゆびあみでマフラーや帽子を作る講座では一度はまると止められない人が多かった。
「かぎばりより目が自由に動くので市販のものより自分の頭にフィットします」や「初めのうちはかぎばりで行った方が早くできると思っていたのですが、体験してみるとゆびあみでも早く編めます。」等の意見が多かった。



パッチワ−クキルト (野口明美 先生)  (財)日本手芸普及協会
・六角形のコ−スタ−製作




様々な美しい布を使用しカラフルな六角形のコースターを作る。教室の中は笑顔が絶えず笑い声でいっぱいだった。親子で制作していた方は「30分くらいであっという間に作ることができた」と嬉しそうに話してくれた。



ニットソ−イング (鮎川研一 先生)  佐藤貴美枝ニットソ−イングクラブ・トレ−ナ−製作




洋裁の中でニットは難しいと思われがちだがロックミシンを使用することでトレーナーも60分以内で手作りできることを実感。制作費も1600円とリーズナブルで、楽しみながら世界で1着の服が仕上がる。

 
フォーラム
 
フェア情報


Powered by Google






このサイトについて | プライバシーポリシー | 広告掲載について | お問い合わせ
All Rights Reserved 全日本中学校技術・家庭科研究会.