TOPへ
技術・家庭科について

「技術・家庭科のあゆみ」
 創造ものづくり教育フェアでも掲載された、これまでの中学校の技術・家庭科のあゆみを、時間数、内容と学び方と共に全6ページにまとめられています。サイズ別に1ページずつのPDFとなっています。ご活用ください。



(P1) 昭和22年度〜昭和36年度


職業科から職業・家庭科時代、そして「技術・家庭科」設立準備へ。

A4サイズ(721kb)
A3サイズ(963kb)
B0サイズ(1776kb)
   
   
(P2) 昭和37年度〜昭和46年度


技術:
創造し生産する喜び・基礎的技術を学ぶ。

家庭: ものをつくる大切さ。基礎的技術を学ぶ。生活を合理的に営む。生活の向上。

A4サイズ(555kb)
A3サイズ(892kb)
B0サイズ(2144kb)
   
   
(P3) 昭和44年度〜昭和55年度

技術:
生活に必要な技術を身につける。

家庭: 生活を明るく豊かにするための工夫・創造。作業の安全。

A4サイズ(632kb)
A3サイズ(1084kb)
B0サイズ(2546kb)
   
   
(P4) 昭和56年度〜平成4年度

技術: 電子部品の利用。自分で考えることの大切さ。エネルギー変換のしくみ。

家庭: 食生活のくふう。幼児のための衣服製作。衣生活を楽しくするくふう。住空間の計画。

A4サイズ(557kb)
A3サイズ(713kb)
B0サイズ(2814kb)
   
   
(P5) 平成5年度〜13年度

技術: 電気機器のしくみ。エネルギーの利用。

家庭: 家庭や地域とのかかわり。家庭のはたらきを考える。

A4サイズ(581kb)
A3サイズ(762kb)
B0サイズ(3128kb)
   
   
(P6) 平成14年度〜現在

技術: 技術とものづくり。情報とコンピュータ。

家庭: 生活の自立と衣食住。家族と家庭生活。

A4サイズ(1451kb)
A3サイズ(1676kb)
B0サイズ(4538kb)


 
フォーラム
 
フェア情報


Powered by Google






このサイトについて | プライバシーポリシー | 広告掲載について | お問い合わせ
All Rights Reserved 全日本中学校技術・家庭科研究会.